ログイン フォーラム 質問・相談広場 ボランティアガイドの「責任」について

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にアバター佐々木文人により1年前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #34650
    アバターmassibird
    参加者

    皆さんは。「ボランティア通訳」の責任についてどう思いますか?

    某掲示板で下記のような趣旨の書き込みがありましたが、私もおおむね同意です。

    外国からの旅行者様にはhospitalityをもって歓迎し、日本国の評価を高めたい、という意思でガイドをします。そしてボランティアで実施します。「おもてなし」精神で接しますが、お金をもらわない以上「お客様」ではありませんし、必要以上のサービスはしません。丸一日奴隷のようにタダで奉仕するわけではないし、そういうことに喜びもありませんので、こちらが最大限楽しませてもらえるように、「その日のみの親友」として大いにこちらのペースを基本に遊んでいただきます。下見も勉強もしません。こちらは語学の勉強もさせていただきます(全国通訳案内士の資格獲得の勉強をする者もいるだろう)。訪問地は、こちらも初めて訪れ、その感動をshareするのみです。「タダ働き」での奉仕ですから、それに対して外国人がどう思おうとこちらは一切責任は取りません。そもそも全国通訳案内士の資格を得て高額の収入を目指し、それで飯を食っているプロと、同じ仕事内容ではないがしろにされたプロが激怒するでしょう。「オマエラ、タダで俺たちと同レベルの仕事するな!」と。外国人旅行者が、お金を持ち出す一方のボランティアに最高のおもてなしを期待するのは間違っている。いや、そんなことはない、と主張する奴は社会主義の国でやれ!外国人旅行者に繰り返し強調しておきたい。タダでボランティアガイドに最高のクオリティーを求めるのは「泥棒根性」である。日本国のJNTOはgood will guideという制度をつくってボランティアガイドを推奨し、団体(SGG)を支援している体裁であるが、実質支援0。支援するならばもっと金を出せ!
    ボランティアガイドをSGGに集めたいなら、会の運営資金や経費はすべて国が出せ。観光産業を伸ばして観光立国にしたいなら、国は莫大な支援をしろ。でなければ、家の全財産に相当するような高額のお布施をすすんで行い家庭崩壊させるような「ホスピタリティー」精神を教化する宗教団体と同じような誤った「ボランティア精神」のSGGが溢れてしまうぞ。それとも国はそれが狙いなのか?

    #35704
    アバター佐々木文人
    参加者

    massibirdさん、

    投稿への反応遅くなりました。
    投稿ありがとうございます!

    SGGというボランティア組織の存在を初めて知りました。
    (詳しく言うと善意通訳者団体は知ってますが、SGGというくくりがあることを初めて知りました)

    ボランティア通訳の責任については同意です。

    ただ、ボランティア通訳と通訳案内士は求められているものも違うし、対象となる外国人旅行者も違うと思ってます。
    ボランティアガイドを推奨することと、プロのガイドを増やしていくことも、両立することだと思っています。

    なので、文章がちょっと理解しきれてない部分もありますが、後段の観光立国のための膨大な支援云々の話に関しては、個人的には違う意見を持っています。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。